Youtuberとして動物を主役にするというのもおすすめ

Youtuberの中には、ほとんど人間が登場しない動画を投稿しているケースがあります。
これは顔出しをしていないということではなく、人間の存在自体がほとんど含まれていない動画ということです。
したがって、人間の声もほとんどないような動画ということになります。
それはどんな動画なのか?というと、動物をメインにした内容になっているのです。
自分の飼っている動物を動画内で登場させ、それを主役にすることで再生数を稼ぐというやり方があるのです。
やっぱりペットが好きな人というのは多くいますし、特に犬や猫というのは特に人気で、他人の飼い犬、飼い猫であっても、かわいいと感じるような人は多くいるのです。
だから、そういったところから人気になる余地が生まれてくるということになるのです。
動物の場合、いろいろなネタを用意するのが難しい場合もありますが、同じようなネタでも結構視聴者は食いついてくれます。
例えば、飼い犬や飼い猫にえさを食べさせているだけの動画でも、ものすごい再生数になっているものがあります。
そして、動画のたびに食べさせる餌を変えたりしているだけというケースもありますけど、それぞれでちゃんと再生数が伸びているのです。
そういったチャンネルは、完全に自分のペットを主役にして、飼い主である自分は顔もそうですけど、声もそんなに登場させないということが結構あります。
ペットが主役のチャンネルに特化して、それでファンを増やそうとしているわけです。
こういった動画はペットを飼っていない人に特に興味を持たれやすいと思います。
ペットを飼いたいけど、ペット禁止の家に住んでいるから飼えないとか、お金の問題などで飼えないといった事情を抱えている人は多くいます。そういったときにこういう動画を見ることで、自分もペットに癒されるという感覚になれるのでしょう。
自分はペットを飼っていないが、自分がペットに癒されているような感覚に慣れれば、それは見ている人にとっても十分に意味があるということになりますから、再生数が伸びていくのです。
こういった動物を主役にした動画は、飼い主が出てくる場合もありますけど、ほとんど登場しないことが多いですし、顔出ししないでOKという意味でもおすすめでしょう。
自分の家にペットがいて、人気が出そうなビジュアルだと思えたときには、そういった動画の方向性を目指していくというのも考えてみると良いのではないでしょうか?

未分類

Posted by admin